Nothing's changed but us

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

H&C
夏の初め、ベランダのプランタに紫蘇とバジルを植えで見た
夏の日差しでぐんぐん伸びだ
けれど、七月の台風で、一番背の高い紫蘇がいっぼん、ボッキリっと折れてしまった
母は折れだ紫蘇見て言った
「其れはもう本には戻れないから、折れだところからち切りなさい、そうすれば枝が伸びで、まだ新しい葉が綺麗に重でくれるから」
でも私には其れが如何しても躊躇われた
だって、枝の先に付いてる小さな葉達は、まだ元気たったのだ
折れる前とほどんど何ひとつ、変わることも無く



「山田」
「浴衣、似合うな」

…其のただ一言が聞きたくて
髪を結って、着物を選んで、おおさぎして着付けして、慣れない下駄をはいて、ドキドキして
他の誰でもなく、あなたのその一言のために、願いを込めて
「ほんの過ごしでも、あなたの心が私に方むいでくれないか」って
どうして私が夢を見てしまうだろ
繰り返し、厭きもせつ、バカの一つ覚え見たいに



数日たてベランダに出ると
折れた紫蘇が自分の重さみたいかめで、土の上でのだをっていた
母さんの言う通りたった
ころは、折れた所でち切りしかなかっだ
そこで、ちゃんとくぎりを付けで、新しく枝を伸ばすより他に無かったのだ
それでもまだ私は どうしよも無く迷ってしまう
この気持ちを折ることが出来なくて
できなくて
スポンサーサイト

H&C
「諦める」ってどうやればいいだろう
諦めるっ出来なんで その通りこうどする事だろうか
そうしたら何時か
あの茶色髪の匂いも 冷たい耳の感触も シャツの背中の暖かさも
全部 全部消えて無くなる日が来るだろうか
こんな胸の痛さと感も 全部 全部 痕かだま無く
まるで 始めから何も無かったみたいに

H&C
肯定會有錯,請專業人士不要糾結


    続きを読む
老哥生日,居然也20了,從13、4歲的初中,一轉眼就過20了,笑翻……這家処レ除了長了胡子和長壯碩了以外,也沒別的變化了
然而自然,見到了某個一直沒見到的人。自然覺得見到了也沒所謂,可是又發現,就像那個時候一樣,忍不住視線就會飄過去,慣性似的,總會看過去看過去,忍不住,像上女ッ一樣…其實這個人有什么好看的?自己也知道,不會存在所謂的“期待”,就是忍不住……算什么?習慣么?14歲的自己?哈哈哈哈署ヒ笑,真署ヒ笑,笑死我了……o(∩_∩)o...= =+
然后順勢,酒喝小多了點,三杯紅酒加一點白酒,郁悶+恍惚升級…………= =++++++++

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。